雅楽代 花明かり 生原酒 R2BY【うたしろ はなあかり】 720ml

¥ 1,815 税込

商品コード: 7291

天領盃酒造 新潟県

★季節限定商品★

純米生原酒規格

蔵元杜氏である加登仙一氏が2019年に立ち上げた雅楽代ブランドも3期目を迎えました。
相変わらず機械トラブル等の障害が多く、毎年毎年1年生と日々奮戦しております。

お気付きのお客様もいると思われますが、特定名称を名乗っておりません。
蔵元が先入観を持たずに飲んで頂きたいとの考えなので御了承下さい。

春らしくふんわりと優しい丸みのあるボディー感、
マスカットの様な甘さから、微かに感じるフレッシュなグレープフルーツ的な酸が好印象です。

冷酒でお楽しみ下さい。

◆蔵元杜氏 加登仙一とは◆

2018年の夏前の独りブラック営業中に1人の若き経営者は現れた。
ツイッターでも蔵元レベル1と公言する加登仙一氏は1993生まれの25才でおそらく全国最年少蔵元社長。
品のある顔だちのクールなイケメンの口から『蔵を買ったので今期より酒造りに入ります』Σ(・□・;)
外見と会話内容のギャップに二日酔から醒めたのを記憶しています(笑)

大学時代の留学中にブレイクダンス仲間が自国の文化を自慢している中で自分が無知で日本を知らない事にショックを受けました。
帰国後に日本文化を勉強し興味を持ったのが日本酒だったとの事です。しかも蔵人ではなく味、経営に決定権のある蔵元杜氏に...
大学卒業後に証券会社に勤め、チャンス到来で蔵元買収に至ったとの事です。
クールでイケメンの外見からは想像できない行動力には頭が下がります。

令和元年の5月1日に天領盃酒造の若きCEO『加登 仙一氏』が新ブランド『雅楽代 うたしろ』を立ち上げました。

鎌倉時代に歌人としても有名な順徳天皇は島民の歌を気に入ると土地を授けました。
「歌の代わりの土地」という意味合いで蔵のある地区名は加茂歌代(かもうたしろ)となっています。
土地を授かり栄華を誇った島民は『雅楽代 うたしろ』と名乗ったそうです。
「お客様の思い出に残る楽しい時間を演出する」がブランドコンセプトです。
「雅やかで楽しい代(とき)」
ブランドコンセプトと蔵のある土地名の由来が合致した事から酒名『雅楽代』が生まれました。

先入観を持たずに飲んで頂きたいとの事で酒質データーは非公開とさせて頂きます。
原料米 佐渡県産米
日本酒度 非公開 保存 冷蔵
酸度 非公開 配送 冷蔵
アルコール度 15度 化粧箱

※6月〜9月まではクール便を推奨します。