グレイス・グリド甲州2020 750ml

¥ 2,200 税込

商品コード: 1944

数量

中央葡萄酒株式会社 山梨県甲州市勝沼町

※厳しい選果作業の結果、生産本数の少ないヴィンテージとり
 入荷本数が少ないのでお一人様1本限りの販売でお願い致します。

1998年に日本で初めて甲州種の特徴である緑色と黒色の中間の薄紅色をした果皮の色「グリ
(Gris-仏語)」の商品名で発売された「グリド甲州」。
甲州種特有の果皮に含まれる成分を生かし、“フルーティーな香り”“爽やかな酸味”“ほのかな甘味”
“ほどよい渋味と旨味”など、全てがバランス良く調和したワインを醸造し続けています。
醸造用の品質の高い甲州種を栽培するために、山梨県内の特定契約農家及び自社栽培 三澤農場産の甲州を使用。
果汁の酸化を抑える最新鋭の圧搾機に二酸化炭素ガスを充填し、柔らかく圧搾した果汁(プレスラン)を
温度管理に注意を払い醸造しました。
醗酵後は果実の風味を損なわないように繊細な澱と短期間の接触をさせています。

2020年前半の暖かな冬から穏やかな春にかけ、ブドウの芽吹き・成長は順調でした。
梅雨時期の記録的な長雨・日照不足で、ブドウの生育は停滞しましたが、
適切な防除と笠かけを行うことでブドウの被害を最小限に抑えました。
本格的な夏になると、日照不足を補うかのような好天が続き、
ブドウの成熟は徐々に回復し、例年並みの時期に甲州の収穫を開始しました。
9月・10月には、秋雨や台風14号などの影響で、収穫後半まで気の抜けないシーズンとなりましたが、
病果を摘粒しながら適切な熟期までブドウを管理。一房一房丁寧に収穫したおかげで、
収穫量は減ったものの、健全なブドウで仕込むことができました。 

輝きのある、淡いレモンイエローの色調。香りのボリュームは中程度で、
八朔、オレンジの皮、白コショウやヨードの香りが複雑に広がります。
アタックは優しく、ブドウ本来の旨味を感じ、酸味はしなやかで調和のとれた印象。
柑橘系果実と白コショウ、ヨードの風味があり、
アフターに程よい苦みがアクセントとなり、心地よい余韻が更に広がります。

原料 勝沼産甲州 味わい 辛口
アルコール 12度 配送 通常
保存 冷暗所 化粧箱

※6月〜9月まではクール便を推奨します。